ハーバルラビットナチュラルゲルクリームは顔に使用したら美白効果が得られるのか?

顔にできたシミは年齢を感じさせ、シミがあるのとないのでは全く同じ顔でも全然印象が異なってきますよね。

 

モデルさんの綺麗な肌質を見るとシミがない、綺麗な肌を手に入れたい…!と思ってしまいます。

 

ハーバルラビットは敏感肌でも使える有効成分が配合された美白クリーム。ではハーバルラビットナチュラルゲルクリームは顔にできたシミにも有効なのでしょうか?

 

顔にできるシミの正体とは?

顔にできてしまうシミは「紫外線の影響」「加齢」「ホルモンバランスの乱れ」「肌への刺激」によってメラニンが過剰に生成された結果出来てしまいます。

 

肌のターンオーバーが正常に行われていれば数ヶ月程度で自然になくなるはずなんですが…消えないから悩むのが顔のシミなんですよね。

 

日焼け止めを塗っても、自然に増えてしまう顔のシミ。美白化粧品を使っても治るのやら…。妊娠したとたん、ホルモンバランスの影響で一気にシミが増えてしまう女性もおられます。

 

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームの有効成分は顔のシミに有効か?

ではハーバルラビットに含まれる有効成分は顔のシミに有効なのでしょうか?

 

ハーバルラビットに含まれる有効成分はプラセンタエキスグリチルリチン酸2Kです。

 

プラセンタエキス

美白成分であるプラセンタエキスはメラニン色素を合成するチロシナーゼという酸化酵素の働きを阻害し、メラニンの生成を抑制します。また肌のターンオーバー(肌代謝)を正常に近づけ角質に蓄積されたシミの原因となっているメラニンの排出を促します。

 

つまり、顔にできてしまっているシミがこれ以上できにくくし、今あるシミを薄くする効果が期待できます。

 

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸はニキビケア商品にも含まれていることが多い有効成分ですが、紫外線によって荒れた肌を整える抗炎症作用効果があります。

 

ハーバルラビットの有効成分をみる限り、顔のシミに使ってもある程度の効果は期待できると言えそうですね。

 

効果を得るにはどのくらいの時間がかかる?

実はデリケートゾーンと顔の皮膚の厚さは異なります。そのため、同じ日から使い始めたとしても、デリケートゾーンと顔の黒ずみが薄くなるまでに差が出ます。

 

基本的に顔の皮膚はデリケートゾーンの皮膚よりも厚いので、肌のターンオーバーに時間がかかります。そのためデリケートゾーンと比較すると黒ずみが薄くなるまでに時間がかかるので根気強くシミケアをする必要があります。

 

まとめ

ハーバルラビットは顔のシミにも有効ですが、顔用の美白クリームではないので、デリケートゾーンの黒ずみケアよりも時間はかかると言えそうです。

 

ですが、クリームがあまり顔のシミも気になる!という場合はハーバルラビットを顔に使ってシミケアをするのもアリです。

 

ハーバルラビットは敏感肌の方でも使える無添加の美白クリームなので安全性が高いですが、心配な方はパッチテストをおこなってから顔に使用するようにしてくださいね。

 

TOPページ:ハーバルラビットの口コミと効果を検証した結果はこちら>>